北海道発の真の多文化共生! 最北の地における外国人材受け入れ

2019年11月2日、きた北海道移住支援型シェアハウス・キックスタート!において、福岡出入国在留管理局長の君塚宏氏より、「最北の地における外国人材受け入れ」と題して、これまでの入管行政の流れの中で、これからの外国人の受け入れのあり方はどうあるべきかについてのご講演をしていただきました。参加者間で活発な意見交換がなされました。

 

また当日、北海道東川町の旭川福祉専門学校の副校長であられる黒田英敏先生より、同校で行われている外国人介護士の養成事業についてのご説明がありました。これは留学生に奨学金を支給し、卒業後は道北などの協議会参加自治体で介護職員として就労していただくというものです。

 

介護福祉士の国家資格を取得した外国人は、在留資格「介護」で就労が可能になります。黒田先生は、この「介護」の創設こそによって、この外国人養成事業が可能になったと述べられました。また日本語能力についても、学生はN2取得者から選抜し、さらに勉強して卒業時には最上級であるN1を取得させるものです。このため日本語能力にも問題ありません。

 

この制度は、これまでの東川町の海外への展開、全国唯一の公立日本語学校の設置・運営の延長線上にあるとのことです。また都市ではなく小さな自治体であるからこそ、可能になったとのご指摘もありました。

 

しっかりと外国人の「育成」に取り組み、さらに地方における人手不足解消を目指した、実に素晴らしい取り組みであるといえます。

このことを受け、君塚氏から、外国人材の育成及び活用については、①日本語能力、②資金、③選抜が重要であるとの指摘がありました。旭川福祉専門学校においては、まさに①日本語能力については卒業時にN1となり、②資金についても奨学金を支給している、③選抜についても、誰でも入学させるのではなく、卒業できる可能性のある者をしっかりと選んでいる、という意味において、まさに三拍子そろったものであるといえます。

 

我が国で進展する人手不足、さらに新たな在留資格「特定技能」が経緯となり、外国人材の活用についてはさまざまな議論がなされていますが、北海道におけるこの取り組みは、非常に意義が大きいと思われます。「外国人を使い捨てにする」一部の問題ある企業でもなく、「かわいそうな外国人」と主張する一部の運動体とも違い、しっかりと人材育成の上で、我が国、とりわけ地方部において活躍することが可能な人材を育成するという点からも、この取り組みは大きな意義を有しているといえます。

 

地域社会における外国人の受け入れ、いわゆる「多文化共生」が重要な課題となっていますが、北海道、とりわけ稚内などの道北地域の、小さな顔の見えるコミュニティにおいてこそ、地域住民との交流などを含めた形で、大きな可能性を秘めていると思われます。確かに、賃金面という点だけでは、都心部と太刀打ちできませんが、地域全体における受け入れ態勢の整備をしっかりすれば、都心部にはない生活環境や魅力を提供できるかもしれません。そしてそれがSNSで拡散する可能性も十分にあります。

 

最後に、黒田先生のお話からは、この制度に対する熱意、その裏にある理想がひしひしと伝わってきました。単なる観念論ではなく、制度設計もしっかりとされたうえで、実際に「生身の外国人」を受け入れを行っているお姿に感動いたしました。このことは単に「外国人をもっと受け入れろ」であるとか、「外国人の人権を守れ」と声高に主張するも、自分は何もしない一部の方々とは根本的に違ったものであるといえます。

 

こうした声だけは大きいものの、何もしない方々ではなく、旭川福祉専門学校の取り組みこそが、広く知られるべきであるといえます。また私自身も、「外国人の研究者」でもあり、「地方」である稚内にも拠点を作った者でもあります。この意味でも私自身の中で「外国人」と「地方」が結びついた気がいたします。

 

旭川福祉専門学校の取り組みに対して全面的に支持・賛同すると同時に、稚内、きた北海道における外国人の受け入れについても、今後何かしらの役割を果たすことができれば、と思います。君塚氏、黒田先生、そして参加者の皆さま、ありがとうございました!


きた北海道移住支援型シェアハウス・キックスタート!では、北海道稚内市とその周辺地域への移住を少しでも考えている方向けの2泊3日の研修・視察プログラム「最北移住塾」を開催しています!

 

第2期 2019年11月16日(土)、17日(日)、18日(月)

第3期 2019年12月28日(土)、29日(日)、30日(月)

第4期 2020年1月25日(土)、26日(日)、27日(月)

 

夏は涼しく、人口密度が低くてゆったりとした、そして人とのご縁が濃密、でも物質的には困らない、そんな稚内に興味のある方のご参加をお待ちしております!


さらに! 稚内に行くのは遠い、でも移住者の話を聞いてみたい! という方向けにスカイプでのオンライン移住相談を実施します。こちらも募集中です!

 

2019年11月23日(土)13時から17時まで


きた北海道移住支援型シェアハウス・キックスタート!

097-0026 北海道稚内市ノシャップ2丁目1番地3(宗谷バス・ノシャップバス停すぐ)

電話 0162-23-2050

email: info@kita-hokkaido-kick-start.com

 facebook: https://www.facebook.com/kita.hokkaido.kick.start/

Twitter: @wkjasakawa

Instagram: @akihiro.asakawa